noririnkoのノリノリ日記

手作り好きな主婦の気ままな日記

Entries

屋久島に行こう!(本編 その14)

ウミガメで有名な「永田浜」を出た頃から、二人とも身体の具合が更におかしくなった。

私は、筋肉痛に加えて、(空腹もあるのだが)寒気が出てきたの。

熱とかはないと思うんだけど⋯⋯

私でこんなんだから、昨日から足が痛かったひーちゃんの筋肉痛はかなりの様子で、

「坂道を上がる時に手で足を引っぱらないと上がらない」らしい。

おまけに下痢⋯⋯

「運転は大丈夫!慣れてるから」と言ってくれるけど⋯⋯

かなり無理をさせているのではないかと不安⋯⋯

ほぼ、行きたかったドライブスポットは周れたし、宿に帰る事にした。

とはいえ、まだ30分以上も車を走らせないといけない。

「運転代わるよ。」と言えない分申し訳ない⋯⋯(ペーパードライバー歴30年以上の私⋯)

二日前に「とっぴー」でワクワク到着した「宮之浦」まで来た。

これで屋久島を一周した事になる。

何だか見慣れたような風景にホッとしている自分が不思議。

二日前に立ち寄ったスーパーで晩ごはんと明日の朝ごはんを買う事にした。

空腹MAXの私だったが、ひーちゃんは固形物を取るのは不安と言って、

スープや紅茶、食べれた時の為にとカップうどんなどを買った。

私は、巻きずしセットにサラダ、スープ、それからワイン(ハーフサイズ)とチーズまで買っちゃった。


⋯⋯⋯実は、今日は宿のある「安房」地区では「夢まつり」というお祭りがあると聞いていたの。

屋久島最後の夜だし、地元の居酒屋で祝杯をあげて島の料理を食べ、

お祭りのイベントをぶらぶらと見に行こうとひーちゃんと計画していたの。

でも、計画どうりには動けない。

ひーちゃんには悪いが宿でひとり酒だ(笑)


宿に着けてホッとした。

二人とも温かいモノを身体に入れる。

ひーちゃんは紅茶を飲んだくらいですぐにベッドへ。

私も巻きずしと温かいスープを取ると何だか眠くなってきた。

時刻はまだ17時をまわったくらいだったが、食べて眠ると寒気と筋肉痛がましに

なるかと思い、ベッドに横になる。

すぐに瞼がくっついた。

⋯⋯次に目が覚めたのは19時すぎくらいだと思う。

ひーちゃんはとても静かだ。ぐっすり眠っているようだ。

寒気はほぼ感じなくなっていた。筋肉痛のだるさはまだ残っている。

起きてワインでも飲もうかとも思ったけれど、そんな気にはなれず⋯⋯

こっそり宿を抜け出したい欲望と戦っていた(笑)

街の賑やかな雰囲気・物音が外から響いてくる。

屋久島最後の夜、ベッドでダウンしている淋しさが身に染みてくる。

なまじっか、動く力が残っているから余計にそんな事を考えるのだろう。

「夢まつり」の最後には花火が上がるとガイドくんが言っていた。

ひーちゃんが「私今年は花火初めてだ!」と嬉しそうに話していたっけ。

私よりひーちゃんの方が、淋しくて残念な気持ちかもしれない⋯⋯。

そう思うとまた目を閉じて眠りについた。


「ドーン!」という大きな音と歓声で目が覚めた。

「花火始まったんやね⋯⋯⋯」とひーちゃん、音で目が覚めたのだ。

何の気なしに私が寝ているベッドの横の窓のカーテンを開けてみると、

!!!!!

窓の外いっぱいに花火が広がっていたんだ~!

宿の部屋の中、ベッドに横たわりながら間近に花火が見られるなんて⋯⋯⋯!

予想外!

「この部屋だから見えるんだね~」とひーちゃん。

角部屋、側面の窓だからね⋯⋯。

ラッキーだ~。

PLの花火程大がかりではなく、素朴な花火だったけれど、

とても大きなご褒美をもらえた気がしたんだ。

屋久島最後の夜、ベッドに横たわりながら見た花火⋯⋯

忘れないだろうな⋯⋯⋯。   (つづく)
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ベッドからの花火~!!!!!
素敵な夜だったんだね。

一生忘れない瞬間って何回かあるけど
まさにこれは一生忘れない経験だったね。
良かったね~~~。
  • posted by ぶんぶんっち 
  • URL 
  • 2018.01/16 00:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ノリちゃん
いいねえ~。
予定通りは行かなくて、体も疲れが出てて、大変だったね。
ノリちゃんはひーちゃんも気遣って優しいなあ。
ひーちゃんも頑張ってくれたのね。
この二人だから良い旅になったのね。

きっと花火は、二人にご褒美だったんだよね(^_-)-☆

一生の思い出になる良い旅だったね!
良かった良かった💛
  • posted by とも 
  • URL 
  • 2018.01/16 19:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

ぶんちゃんへ 

ありがとう!
まさか、部屋の窓からあんなに綺麗に見えるとは思わなかったんだ。
二人の思いが通じたのか、偶然の幸運か、
良い思い出だよ!
  • posted by noririnnko 
  • URL 
  • 2018.01/17 23:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

ともちゃんへ 

ありがとう!
ご褒美だったら嬉しいな~!
ただ、楽しい事だけじゃなく、しんどい事、痛い事(笑)、辛い事色々とあった旅だったからね~。
心に残る旅だったよ。
  • posted by noririnnko 
  • URL 
  • 2018.01/17 23:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

noririnko

Author:noririnko
保育士をしながら好きな事を楽しんで、元気に生きる、
超前向き主婦です。
気ままに、手作り作品を載せたりしています。

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

ブログランキングに参加しました。

FC2Blog Ranking

読んで頂いたら、ポチッとお願いします。

FC2カウンター

フリーエリア