FC2ブログ

noririnkoのノリノリ日記

手作り好きな主婦の気ままな日記

Entries

屋久島に行こう!(本編 その3)

夜中に何度か目が覚めた。熟睡できてないわけじゃないけど

眠りが浅くなった時に目覚めてしまうんだ。

21時半頃眠りについて、0時頃、そして2時頃に携帯で時刻を確認してた。

またすぐ眠りにつけたのが大きな挑戦の前には安心材料になる。

起床予定時刻、3時半少し前にはしっかり覚醒した。

「さあ!起きよう」と思いベッドから出ようとしたのに、出れなくてしばらくベッドで格闘!

私たちが泊まった宿は、安房の「森のきらめき」というリーズナブルな素泊り宿。

バス・トイレ付きの3人部屋でベッドが3つあったが、もともとは二段ベッドの6人相部屋だった様だ。

「二段ベッド」用のベッドだから、柵が高くて!

マットはとても快適だったけど、座って床に足をおろそうとしても⋯⋯

⋯⋯つかない⋯⋯

そんなに背が高くない私、ボコボコ上下に揺れているだけ⋯⋯

(いよいよ縄文杉ツアーだというのに何をくどくど書いてるの!とおもわれたかな?)

なんか、笑いが出てきちゃって⋯⋯⋯

結局、体を斜めに寝かして一回転しながら転がり出た。(後、二日泊まるのよ~)


気を取り直して、身支度にとりかかった。

やはり、今日は雨らしい。降る事を予測して、私もひーちゃんも

カッパのズボンを最初から履いておく事にした。(後で後悔する事になる)


4時25分、宿の前に迎えの車が着いた。

ツアーガイドさんが運転する大きめの車には、すでに搭乗者がいるようだ。

「おはようございます!これで全員揃いましたので、今から登山バス乗車口に向かいます!」

爽やかな声がかかり、車は滑るように進む。

やっぱり小雨が降ってきている。

そう時間が経つのを感じないうちに「屋久杉自然館」に到着。

ここで「登山バス」にのるべく、列に並ぶのだ。

今日は登山者が大変多いらしい。

「始発5時の便にのれるかどうか?」とガイドさんが言う。

そして、待っている間に朝食を取っておく事になった。

事前に朝、昼二食分のお弁当を申し込んでおいた。

安房の「あさひ弁当」さんだ。

(まだ4時40分!)暗い中、バス待ちの列に並びながら、お弁当を開く。

お箸を割って食べようした瞬間、一本お箸が折れちゃった!

(この時は何も思わなかったんだけど⋯⋯後でね⋯⋯)

指で支えればなんとか使えたので食べすすめた。

けっこうなボリュームで、大きな🍙が2個、おかずはしゃけにコロッケに天ぷらに⋯⋯6品くらい入っている。

普段朝食をあまり取らないひーちゃんは、「半分にしとく」と言う。

私は⋯荷物になるのが嫌で、何とかお腹に全部押し込んだ。

ここでこれだけ食べておかないといけない気がした。

始発5時のバスにギリギリ乗れたんだ。

補助席だったけど、乗れないよりマシ。

ここから約30分、カーブのキツイ山道をバスは走る。

体力温存と目をとじたが⋯⋯

胃が⋯⋯⋯

無理矢理押し込んだ朝ごはんの直後にこのカーブ多の山道は⋯⋯

姿勢を保ち気合で耐えた。

(ひーちゃんは、後ろの方でリバースの音を聞いたらしい⋯⋯)

やっと「荒川登山口」に到着。


5時45分、いよいよ登山開始!

ガイドさん(というよりガイドくん)、大阪は松原市(近い)からの一人旅の青年、ひーちゃん、私、

東京からの(おそらく同年代)女性二名の順に一列に並んで歩き出した。

最初は「トロッコ道」。伐採した杉を運ぶためのトロッコの軌道を歩く。

私はなかなかリズムがつかめなかった。

あたりは真っ暗、首にかけたへッドランプの明かりを頼りに足を進めるのだけど、

枕木の幅が均等ではなく、その間の部分は水が溜まっていたり大きな石があったりで

次にどこに足を置くか悩んでしまった。

靴が重いとは感じないが、幅が広く間隔もつかまないといけない。

おまけに小雨が降っている。

片手にトレッキングポール、片手に折りたたみ傘を握りながら、緊張して歩いた。

何度か、暗くて見えない速い水音のする細い橋を渡ったり、すぐ横に崖をかんじたり

後から思えば、この見えにくい歩き出しのトロッコ道が一番嫌だったのだ。

必死についていく形で進んでいくうちに、だんだんあたりが明るくなったきた。

遠い空に朝焼けを見つけた頃、トロッコ道は枕木の上に板が渡されている道になり、

かなり安心して楽に歩けるようになった。

すっかり周りが見渡せるようになった頃、「小杉谷橋」にさしかかった。

橋からの眺めは凄かった。

沢山の巨石がそこにあった。

IMG_1106.jpg

(つづく)





スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

noriちゃん、ちょうどやってたイッテQの映像と重なるよっ。
すごくすごく大変だったんだね。
ゆっくりでいいから更新を楽しみにしているね。
  • posted by ぶんぶんっち 
  • URL 
  • 2017.11/20 00:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ノリちゃん
いよいよ出発!!
ノリちゃんの緊張が伝わってくるわ(^_-)-☆
真っ暗な中からの出発・・・。
歩きにくい道のり・・・。
なかなか大変な出発だね。
先が楽しみ。(^^)/
  • posted by とも 
  • URL 
  • 2017.11/20 19:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

ぶんちゃんへ 

うん、けっこう色々とあったんだよ~

思いが強くて、長い文章になっちゃうよ~
ゆっくり付き合ってね!
  • posted by noririnnko 
  • URL 
  • 2017.11/21 23:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

ともちゃんへ 

私は、歩き出しが一番辛かった気がする。
歩く事は慣れて自分のリズムがつかめたら楽しくなったんだけどね⋯
続きをよろしくね!
  • posted by noririnnko 
  • URL 
  • 2017.11/21 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

noririnko

Author:noririnko
保育士をしながら好きな事を楽しんで、元気に生きる、
超前向き主婦です。
気ままに、手作り作品を載せたりしています。

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

ブログランキングに参加しました。

FC2Blog Ranking

読んで頂いたら、ポチッとお願いします。

FC2カウンター

フリーエリア