FC2ブログ

noririnkoのノリノリ日記

手作り好きな主婦の気ままな日記

Entries

熊野を巡る旅 10

久しぶりの投稿です~^^; 年度末なので何かと仕事が忙しくて⋯⋯。

熊野旅行はこれで最後です。


三日目、とても良いお天気に恵まれて「速玉大社」参りをすませ、帰路に着きました。

ドライバーは、ずっとひーちゃん。

「好きだから大丈夫!私は助手席だと退屈するねん。」と言って、ミッションの愛車を走らせる。

ペーパードライバーの私は感謝するばかり。ひーちゃんとだから好きに旅ができるのよね。

新宮市から海沿いの道に出て、太平洋を眺めながら西に向かう。

「海沿いの道が好き」とひーちゃん。

彼女も神戸っ子、海の見える景色にいだかれて育ったんだ。


「太子」の道の駅でお昼ご飯をとった。

「太子」といえば、「鯨」よね~!

IMG_3847.jpg

とてもきれいな店内、レストランメニューにとても懐かしいものがありました。

IMG_3841.jpg

鯨のカツと、竜田揚げの定食。

二人で主菜を分けっこして頂きました。

一口食べて⋯⋯⋯「懐かしい~!」と二人で叫んだの。

幼い頃食べてた味よ、これは⋯⋯⋯もう何十年も食べていない。

色んな思いを嚙みしめながら頂きました。


道の駅「すさみ」で休憩後、新しく出来た「紀勢自動車道」に乗り、トンネルをいくつも超えると

「阪和自動車道」に入っていきます。

「道が新しくなってて、とても早いよ」とひーちゃん。

夕方には、なんと我が家まで私を送り届けてくれました。

彼女はまだこれから神戸まで帰るのよ⋯⋯⋯

楽しかった旅の感謝と次の機会を期待して、見送りました。


今回のお土産はあっさりと。

IMG_3848.jpg

職場へのお菓子、旦那には伊勢海老みそ汁、娘にじゃばらドーナツ、母にじゃばらの果汁。

そしてすさみの道の駅でとても大きな麩を見つけたので、買ってみました。

お箸で数か所穴をあけてから、お出しを注ぐと

IMG_3878.jpg

くしゃくしゃっとしぼんだけれど、それでも大きい!

熱々のお出しと一緒に頂きました。


さてこの旅行、「熊野三山詣で」と念願の「熊野古道ウォーク」をしたのだけれど⋯⋯

「熊野古道ウォーク」はほんのさわりぐらいのものだったの。

まだまだ歩ける場所は沢山あるの。

ガイドブックにはもう一つ、初心者向けコースが紹介されていた。

IMG_3875.jpg

このコースは、白浜・海側から山道に入っていく古道のほぼ真ん中あたり。

「中辺路町」を巡るコース。ここも行きたかったんだけど、

一日で最終目的地の「熊野本宮大社」に着くのは難しいと判断してやめておいたの。

また、宿でもらった冊子には、

IMG_3876.jpg

こんなコースが紹介されていた。

先に載せた「箸折峠~継桜王子コース」、次に載せた「三越峠を越す発心門コース」をつなげて

私たちが歩いた「発心門王子~熊野本宮大社コース」へと続いているの。

そう⋯⋯⋯まだまだ歩いていない所が多いのよ!

また、散策に行った「湯の峰温泉」の周りにも、古道歩きのコースがあったの。

IMG_3877.jpg

「大日越えコース」に「赤城越えコース」!

ここを歩いて「湯の峰温泉」につかるのも良いわ~!

初心者向けコースを歩いただけでは満足出来ない!「山越え」しなくちゃあ!!

今回川湯温泉の「仙人風呂」にも入れなかったし、湯の峰温泉の「つぼ湯」も未経験。

そう⋯⋯⋯⋯また行きたい、いや行きます!

ひーちゃんと「また行こうね!」と約束して別れたのでした。❤

スポンサーサイト
*CommentList

熊野を巡る旅 9

旅も3日目、もう最終日だあ~

あっという間だったけど、今日も楽しまなきゃ❤

ホテルをチェックアウトして、向ったのは、新宮市にある「熊野速玉大社」。

熊野三社参りの最後の一つ。

ホテルのフロントの博識の方が教えてくれた。

「熊野那智大社」は過去を司り、「熊野速玉大社」は現在を司る。

そして「熊野本宮大社」は未来を司るんだって。

未来が先になったけど、まあいいや。ちゃんと今も見つめよう。

「速玉大社」のある新宮市まではあっという間だった。

IMG_3814.jpg

ここ、ガイドブックと同じだあ~。細い道に入るといきなり現れた。

IMG_3812.jpg

朱塗りで美しい構え、縁結びの神様として名高いんだ。

IMG_3819.jpg 神木である椥の木。

この木の周りは物凄いパワースポットだったよ!

IMG_3816.jpg こっちはオガタマの木、

境内にある神木、手を触れると脈打っているような感覚におそわれた。

IMG_3820.jpg

「速玉大社」の曼荼羅も見つけました。

もう一つ、お参りしたのが「神倉神社」。

速玉大社から近い所にある。

IMG_3824.jpg

この険しい石段、500段以上ある。これを登っていった先に、崖にせりだすように御神体の「コトビキ岩」がある。

熊野の神々が最初に降臨された場所であり、熊野信仰の原点とされている。

速玉大社の元宮なんだ。

IMG_3828.jpg

なかなかの傾斜の階段、両端の外は崖っぽくて、余計に怖さを感じる。

IMG_3837.jpg

着きました!

良いお天気で暖かい日、汗ばんだよ~!

お社の上にあるのが「コトビキ岩」だね。

IMG_3840.jpg

振り返ると新宮市の街並みと太平洋が見えた。

降りる方が怖い石段、私たちより年配のお姉さまたちが足がすくんだようにノロノロ降りる横を追い越した。

なかなかの運動になりました。







*CommentList

熊野を巡る旅 8

宿に帰り着き、温泉に入った。

昨日は真っ暗で星を眺めながら⋯⋯⋯

今日はまだ明るいうちに入ったので、露天風呂では「川湯」の雰囲気が出ていた。

そして夕食。二日目なのでメニューが違った。

IMG_3787.jpg IMG_3788.jpg

寄せ鍋にお刺身の種類もちがう。

野菜やお汁もプラスした。

IMG_3789.jpg

デザートとコーヒーも頂きました。

お腹いっぱいになり、フロント横のお土産コーナーに行こうとして目にとまったのがこれ。

IMG_3790.jpg

曼荼羅。古いものではなくて、熊野が「世界遺産」になった時に作られたのだと聞いた。

これは、元々の大斎原にあった熊野本宮大社を中心に描き、その周りには様々なものが描かれてある。

上皇参拝、僧の姿、様々な登場人物、言い伝えられている話、文化、etc⋯⋯⋯

かなり大きいもので、見ていて飽きない。

フロントの博識な方が色々と話してくれた。

曼荼羅は、熊野本宮大社に飾られてあり、それだけでなく熊野那智大社と熊野速玉大社にもそれぞれの曼荼羅があるそうだ。

那智大社では気づかなかった⋯⋯⋯。

明日行く速玉大社では探してみよう⋯⋯⋯。


お土産を物色して、部屋に引き上げたのはまだ21時すぎだったと思う⋯⋯

満腹と心地よい眠気で「ちょっとだけ寝る」つもりが⋯⋯爆睡。

目が覚めたら夜中0時をすぎていた。当然、ひーちゃんも眠っている。

変に起きても疲れるだけなので、続けてて眠ることにした。

早起きしてやりたいことがあったのよ⋯⋯⋯。

4寺半には目が覚めてしまったが、5時過ぎまではゴロゴロして我慢した。

それから起きて、ブログ用に撮った写真を整理して⋯⋯⋯6時すぎ。

寝ているひーちゃんにも声をかけてみたが「行かない」との事なので、一人で部屋をでた。

「朝の露天風呂」に入りたかったのよ❣

この時間から入ると、露天風呂の中から朝日が見れるかもしれない♪

サッサと身体を洗い、内湯で温まってから、川原の露天風呂に出た。

残念なことに⋯⋯⋯この朝は曇り空、谷合には霧がかかっていた。(朝日は見れない⋯⋯)

露天風呂ほ女湯も男湯も先客がいたのだけど、私が入るのと入れ替わりにあがってしまい、

私は一人になった⋯⋯⋯⋯。

IMG_3683.jpg

対岸の森、浅く広く流れる川、湯気の出る露天風呂、かすみがかった空⋯⋯⋯⋯。

静かな自然の中で、私は一人。

見上げると、つがいの小鳥がお互いの存在を確かめあうかのようにつつきあいながら飛んでいった。

ピーヒョロロと鳴き声をあげながら、とんびが隣の宿の屋根の端っこに舞い降りてきた。

静かな、静かな自然の中、私は裸でお湯に浸かっていた。

意識して何かを考えようとはせず、目の前にある自然を感じようとした。

身体の中から、充足感と満足感が湧き上がってきた⋯⋯⋯。


部屋に戻ると、ひーちゃんも目覚めていた。

身支度をして朝ごはんを食べに行った。

「この宿の味は好き❤余計な味付けがされてなくて、シンプルだけど美味しい」とひーちゃん。

IMG_3806.jpg

彼女は和食(二日とも)

IMG_3807.jpg

私は洋食(二日とも)

ゆっくり朝ごはんを頂いて、荷物をまとめた。

このお宿には大満足!料理も、お部屋も接客にも。

IMG_3686.jpg IMG_3687.jpg

IMG_3809.jpg

廊下やラウンジにさりげなく置いてあるお雛様。

今回は、「仙人風呂」に入れなかったので「リベンジしよう!」とひーちゃん。

その時はまたこのお宿かなあ⋯⋯⋯。








*CommentList

熊野を巡る旅 7

熊野古道半日ウォーク、熊野本宮大社参りを終えて川湯温泉の宿に帰ってきたのは午後3時くらい。

一時間程部屋で休憩して、夕食までにまだ時間があったので、「湯の峰温泉」を覗いてみることにした。

川湯温泉から車で10分くらい走ると「湯の峰温泉」がある。

開湯は1800年以上前とされる日本最古の温泉のひとつで、熊野詣での湯垢離場とされていた。

IMG_3772.jpg

谷合にあるこじんまりとした昔ながらの温泉地、風情が満載です。

IMG_3773.jpg

この川の上流から温泉が湧き出ているの。

IMG_3775.jpg

近くの売店で生卵を買い、この「湯筒」で温泉卵を作りました!

約7分で半熟卵、11分で固ゆで卵だって!

IMG_3780.jpg

ホカホカの半熟卵の出来上がり!

いやいや、これは楽しかったわ~!

IMG_3781.jpg

これが「つぼ湯」。(小屋の中)世界遺産に登録されている。

「小栗判官伝説」がある有名な日本最古の「共同湯」。

入浴は、一グループ30分で入れ替え制、予約が必要。

タイミングが合えば入ろうとしたけれど、一時間待ちだったので諦めました。

夕方の散策に満足して宿に帰りました。

*CommentList

熊野を巡る旅 6

「熊野本宮大社」の周りには、お土産屋さんや食べ物屋さんが沢山ある。

その中で選んだ御食事「しもじ」で日替わりランチを注文。

IMG_3771.jpg

三種類のソースのチキンカツ。これにご飯がついている。

美味しかったよ~。

食後は念願の「平安装束体験」をしたの。

IMG_3791.jpg

エヘヘ❤

昔の人はこの姿で巡礼の旅をしたんだね。

体験だから、着やすくて軽くしてあるから楽!

この姿で「猿田彦神社」と「大斎原」にいきました。

IMG_3794.jpg

この鳥居が、「大斎原」のもの。「ちょっと寄り道展望台」から見えていた大鳥居。

「大斎原」は元々「熊野本宮大社」があった所。明治の川の大氾濫で、今の場所に移ったんだって。

IMG_3797.jpg

昔から神様が祀られていた場所は、とてつもないパワースポットだった。

IMG_3802.jpg

最後に「熊野本宮大社」の鳥居前でパチリ。

「平安装束体験」大満足でした。

お宿に連絡して迎えに来てもらいました。

*CommentList

ご案内

プロフィール

noririnko

Author:noririnko
保育士をしながら好きな事を楽しんで、元気に生きる、
超前向き主婦です。
気ままに、手作り作品を載せたりしています。

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

ブログランキングに参加しました。

FC2Blog Ranking

読んで頂いたら、ポチッとお願いします。

FC2カウンター

フリーエリア